乾燥肌・美白・シミ・たるみなどに効果のある魔法のスキンケアを探します。年齢を感じさせない素肌を手に入れるために、口コミ人気の基礎化粧品をトライアル。本物のスキンケアを愛するから、成分と価格も詳細をチェック。

40代の肌に磨きをかける!魔法のスキンケア

毛穴の黒ずみ

シルキーカバーブロックで顔のテカリを防止するパウダー

投稿日:2017年4月26日 更新日:

メイク後30分程で鼻がテカりだし、1時間経つと鼻とおでこがヌルヌルになってしまいます。

あぶら取り紙で皮脂を押さえると、あっという間にあぶら取り紙1枚全面使いきってしまうほど。

顔のテカリが起こるのは、皮脂バランスが整っていないことが原因の一つなんだとか。

肌を洗いすぎたり、あぶらとり紙で頻繁に油脂を取り除くと、肌を刺激してますます皮脂バランスが悪くなってしまうんですって。

シルキーカバーオイルブロックなら肌に刺激なく、顔のテカリを抑えてくれるとのこと。

毛穴もしっかりカバーして、シルクのような滑らかな肌になれるんだそう。

シルキーカバーブロックは直径6cmほどの手のひらサイズ。

中身は28g入っていて、約2ケ月分の量になるとのこと。

シルキーカバーブロックの容器はガラス製なのか、ずっしりとした重さを感じます。

シルキーカバーブロックの容器は薄くてコンパクト。

忙しい朝に焦って落とさないように、気を付けたいと思います。

シルキーカバーブロックには、肌のテカリを防止する効果のあるシルクセリシンパウダーを配合。

シルクセリシンパウダーとは、シルクに含まれるセリシンという成分のみをパウダーにしたものなんだそう。

セリシンのアミノ酸は人の肌の天然保湿成分とよく似ていて、保湿作用と抗酸化作用に優れているんだとか。

シルクセリシンパウダーの大きさは5~10μmの微粒子。

肌のキメになじみやすく、ぬった瞬間から肌がスベスベした手触りに変化できるんですって。

シルキーカバーブロックの使う順番は、化粧水・乳液などで肌を整えた後に使うとのこと。

ごく少量を指につけて、Tゾーン・鼻筋・あごとぬっていくんだそう。

特に小鼻周りや目元・口元には、押さえ込むように丁寧にぬるのがコツなんですって。

量が多すぎたり擦ったりすると、シルキーカバーブロックがダマになることもあるんだとか。

シルキーカバーブロックを上手に使うには、「薄めに」「丁寧に」が重要とのこと。

シルキーカバーブロックには匂いはありません。

原料由来の匂いもなくて、ほとんど無臭。

化粧独特な匂いは苦手なので、匂いがないのは嬉しいです。

シルキーカバーブロックを指で触ると、やわらかくてサラサラした感触。

クリームともジェルとも違う、サラリとした化粧下地です。

指でシルキーカバーブロックの表面をなでると、指の表面に少量ついてきます。

ろうそくのようなワックスようのような感じ。

肌に伸ばすと、シルキーカバーブロックをぬったところの肌がサラサラしています。

「肌にシルクをまとったよう……」

ぬった瞬間から肌質が変わって、サラサラ肌に変われます。

シルキーカバーブロックは肌にぬると無色なので、ファンデの色を邪魔しない点も気に入っています。

顔がテカリやすく、汗もかきやすいので、化粧が崩れてドロドロでした。

シルクのようなサラサラ肌になれるという「シルキーカバーブロック」を使ってみることにしました。

シルキーカバーブロックはメイクする前に、化粧下地として少量をぬるだけ。

肌がサラサラになって、毛穴もしっかり隠すことができます。

シルキーカバーブロックをぬるだけで女優肌のようにスベスベになれるのはすごい!

夕方になっても皮脂が全然でないので、あぶらとり紙の出番はありません。

いつもテカテカして脂っぽい顔が気になっていたので、もうシルキーカバーブロックを手放せません。

⇒⇒⇒ シルキーカバーオイルブロックを試してみる【30日間全額返金保証付き】

-毛穴の黒ずみ

Copyright© 40代の肌に磨きをかける!魔法のスキンケア , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.