乾燥肌・美白・シミ・たるみなどに効果のある魔法のスキンケアを探します。年齢を感じさせない素肌を手に入れるために、口コミ人気の基礎化粧品をトライアル。本物のスキンケアを愛するから、成分と価格も詳細をチェック。

40代の肌に磨きをかける!魔法のスキンケア

ダイエット

メレンゲの気持ち イモトアヤコのバターコーヒー ダイエットを手軽に!MCTコーヒーダイエット

投稿日:2017年7月10日 更新日:

イッテQで人気のイモトアヤコさんが、毎朝飲んでいるものとして「バターコーヒー」を紹介してました。

バターコーヒーは、イッテQ登山部の顧問で登山家の貫田宗男さんがイモトさんにおすすめした飲み物なんだそう。

登山家の貫田さんは体作りには欠かせないアイテムとして、バターコーヒーを飲んでいるんだとか。

朝食の代わりにバターコーヒーを飲むと、お昼までの腹持ちが良くダイエット効果があるんですって。

バターコーヒーはダイエット効果に加えて、集中力をアップする効果や、運動能力を上げる効果もあるんだそう。

バターコーヒーを飲みたいけれど、作る手間が大変だと思う人にはMCTオルのサプリメント「MCTバターコーヒー」がおすすめです。

バターコーヒーとは、「シリコンバレー式自分を変える最強の食事」という本で紹介されている完全無欠コーヒーのレシピ。

アメリカではセレブを中心にバターコーヒーが流行していて、少し前から日本でも話題になっているんだそう。

バターコーヒーの材料は、良質なコーヒー・グラスフェッドバター・MCTオイルの3つ。

これらの材料をよく撹拌させて、カプチーノのように泡立てるのがコツなんですって。

これらの3つの材料が混ぜ合わった状態じゃないとバターコーヒーの効果が発揮されないとのこと。

バターコーヒーの原料として使うのは、有機コーヒー・グラスフェッドバター・MCTオイル。

バターコーヒーを飲んでみたいけれど、材料は手軽に買えるのかしら。

グラスフェッドバターとは、日本では希少なバター。

グラスフェッドバターを買うことができるのは、有名デパートや輸入品店などなんだそう。

グラスフェッドバターとMCTオイルがセットになった「バターコーヒーセット」がネットで売られているとのこと。

バターコーヒーをしっかり泡立てるのも必要がるけれど、バターが付いたコップを洗うのも大変なんだとか。

私のような面倒くさがりの人には、サプリメントになったバターコーヒが良さそう。

⇒⇒⇒ MCTコーヒーダイエット【初回980円】

MCTコーヒーダイエットは、1袋が60粒入り。

1日に2粒飲むのが目安なので、30日分の量になるんですって。

MCTコーヒーダイエットの原料は、MCTオイル・DHA(オメガ3脂肪酸)・生コーヒー豆エキス。

グラスフェッドバターの代わりにDHAが入っているとのこと。

DHAにもグラスフェッドバターと同じ良質な不飽和脂肪酸を含んでいるんだそう。

MCTコーヒーダイエットのサプリメントは、黒色のソフトカプセル。

匂いを嗅いでみても、サプリメントにはほとんど匂いがありません。

MCTコーヒーダイエットは味もないので、無味無臭とのこと。

味や匂いのあるサプリメントが苦手な人でも、無理なく飲めそうです。

MCTコーヒーダイエットを飲むのは、1日2粒。

サプリメントなので飲むタイミングは決まっていないみたい。

でも、MCTオイルに含まれる中鎖脂肪酸は、吸収後すぐにエネルギーに分解される特徴がるとのこと。

朝にMCTコーヒーダイエットを飲む方が、痩せやすい体に変われるかしらです。

MCTオイルとは、糖質制限ダイエットのときに、脂肪燃焼の補助として注目されたオイル。

だからMCTコーヒーダイエットで効率よく痩せたいなら、糖質制限も行うのがおすすめなんだそう。

MCTコーヒーダイエットを摂って、脂肪をどんどん燃焼するエネルギーを補う。

また、バターコーヒーの効果で、空腹も感じにくくなるんですって。

バターコーヒーのサプリメント「MCTコーヒーダイエット」なら、もっと気軽に続けられそうです。

朝食を食べる代わりにバターコーヒーを飲むと、なぜ痩せるのか。

3つの原料をもとに、痩せるメカニズムを考えてみます。

【有機コーヒー】

有機コーヒーとは、化学肥料や農薬に頼らずに育てられたコーヒー豆のこと。

コーヒー豆自体は普通のものと変わらないんだとか。

しかし、太陽・水・土地などの自然の恵みを受け取った栄養豊かなものを有機コーヒーと呼ぶんだそう。

有機認定を行う団体は世界中にたくさんあり、これらの認定機関が品質チェックを行っているとのこと。

日本には、日本農林規格JASが定める「有機JASマーク」があります。

ところで、コーヒーにはほとんど栄養がありません。

99%が水分で、たんぱく質や脂質が微量に含まれているんだそう。

コーヒーの効能としては、カフェイン・ポリフェノール・タンニンなどが含まれています。

カフェインには、眠気や疲労感を取り、頭を冴えさせる効果があるとのこと。

記憶力をサポートする効果の他にも、呼吸機能や運動機能をサポートする働きがあるんだそう。

ポリフェノールには、抗酸化作用があるので、血液をサラサラにして、代謝をアップする効果があるんですって。

【グラスフェッドバター】

グラスフェッドバターとは「牧草飼育の牛からとれたできた無塩バター」のこと。

グラスフェッドバターは一般のバターよりも不飽和脂肪酸を多く含んでいるんだとか。

不飽和脂肪酸には、体重を減らす効果や脳機能を向上させたりする効果があるんだそう。

バターコーヒーを飲んで不飽和脂肪酸を摂ると、血中にケトン体が大量にあるケトーシスという状態になるんだとか。

ケトーシス状態になると糖の代わりに脂肪を燃やすので、効率よく脂肪だけを落としてくれるんですって。

【MCTオイル】

MCTオイルとは、中鎖脂肪酸100%のオイルのこと。

中鎖脂肪酸は消化吸収が良くて、エネルギーへの変換が早いと言われているんだそう。

中鎖脂肪酸と長鎖脂肪酸は、化学式の炭素の数によって分かれているんだとか。

そして化学式が短い方が消化吸収にスムーズで、効率よくエネルギーに変化してくれるとのこと。

中鎖脂肪酸で人気があるのはココナッツオイル。

海外人気モデルが「中鎖脂肪酸はダイエットと美容の効果がある」として紹介したしたところ、あっという間に日本でも大人気になったんだとか。

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸と長鎖脂肪酸を50%ずつ含んだオイルで、MCTオイルは中鎖脂肪酸100%のオイル。

中鎖脂肪酸を効率よく摂るなら、MCTオイルの方が断然おすすめなんですって。

バターコーヒーを飲むとお腹が空かず、集中力もアップするんだとか。

シリコンバレー式の著者デイヴ・アスプリー氏は、50kgのダイエットと知能指数IQが20ポイントも上がったんですって。

手軽にバターコーヒーを試してみたいなら、MCTコーヒーダイエットがおすすめです。

⇒⇒⇒ MCTコーヒーダイエット【初回980円】

-ダイエット

Copyright© 40代の肌に磨きをかける!魔法のスキンケア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.