乾燥肌・美白・シミ・たるみなどに効果のある魔法のスキンケアを探します。年齢を感じさせない素肌を手に入れるために、口コミ人気の基礎化粧品をトライアル。本物のスキンケアを愛するから、成分と価格も詳細をチェック。

40代の肌に磨きをかける!魔法のスキンケア

更年期症状

更年期の顔汗・ほてりに漢方「田七人参」サプリメントを飲み始めました

投稿日:

元々汗かきでしたが、顔汗がすごくて、少し動いただけでダラダラ汗をかいてしまいます。
あまりにも顔にひどく汗をかくので、婦人科に行ったのですが、ホルモン値は正常とのこと。
でも、首筋に汗が流れてびっしょりなるのが止まらないのが辛くて……。
汗を止める漢方薬を調べたところ、田七人参(でんしちにんじん)のことを知りました。
特に、農薬不使用・有機栽培で作られているのは「白井田七」という商品。
白井田七は添加物不使用で安心して飲めそうなので、さっそく飲み始めてみることにしました。

白井田七は、A4サイズの箱に入って届きました。
動物イラストが描かれているかわいい箱。
宅配の人から受け取った瞬間は、白井田七だとは気付きませんでした。
かわいらしいカタログ冊子かと思った(笑)。

白井田七の他にも、色々なパンフレットが入っていました。
・白井田七
・あいさつ状
・白井田七のパンフレット
・さくらもち(月刊誌)
・購入者の声
購入者の口コミは興味があるので、じっくり読んでみます。

閉経前後の5年間の更年期に入ると、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少するんだそう。
ホルモンのバランスが崩れると自立神経のバランスも崩れて、体温調節が難しくなるんだそう。
症状の種類や強さに個人差があるけれど、ほてりやイライラなどの更年期障害に悩む人は6~7割もいるんだとか。
更年期障害の症状をやわらげるためには、ホルモンバランスを整えるのが有効なんだそう。
田七人参とは、古くより中国で「金不換」とも呼ばれる貴重な上薬。
特に、栽培方法にこだわって農薬不使用のものが「白井田七」なんだそう

飲むタイミングは、食事の30分前がおすすめなんだとか。
食事の前に飲む方が、成分の吸収率がアップするんですって。
また、1日1回で4粒の白井田七を飲むよりは、2~3回を分けて飲んだ方がいいとのこと。
朝と夜の1日2回なら、無理なく続けられそうかしら。
白井田七は1袋に120粒入っているので、30日分の量になるとのこと。

白井田七の袋の中には、タブレット状のサプリメントが入っています。
匂いを嗅いでみたら、ごぼう茶のような匂い。
香ばしい匂いだけど、鼻にツンするほど強い匂いではありません。
匂いが苦手だから、飲みにくいということはなさそう。

白井田七の粒は8mmほどの大きさ。
市販の痛み止めよりも、一回り小さいかしら。
飲み慣れている大きさの錠剤なので、一度に2粒でも無理なく飲めそう。

白井田七を口に含むと、独特な苦味が口に広がります。
苦すぎることはないけど、口に入れたらすぐに飲んだ方がよさそう。
顆粒の葛根湯よりは、苦みが残らないかしら。
それでも、口に錠剤を入れたら、サッと飲み込むのがおすすめ。
水と一緒に飲み込めば、苦みを感じることなく飲めました。

40代に入ってから、ますます顔汗がひどくなって、下を向くとぽたぽた汗が落ちるほどです。
漢方などでホルモンバランスを整えることができたら。
そこで、「白井田七」を飲み始めることにしました。
朝と夜の食事前に、白井田七を2粒ずつ飲んでいます。
白井田七を飲むようになって2週間経過。
飲み始めてから、気分の問題かもしれないけれど、前よりも汗が止まったような気がします。
即効性はないと思っていたけれど、なんだか体調がいいかも。
健康な気分になれるのは白井田七のお蔭だと思うので、しばらく様子を見てみてみたいです。

-更年期症状

Copyright© 40代の肌に磨きをかける!魔法のスキンケア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.