乾燥肌・美白・シミ・たるみなどに効果のある魔法のスキンケアを探します。年齢を感じさせない素肌を手に入れるために、口コミ人気の基礎化粧品をトライアル。本物のスキンケアを愛するから、成分と価格も詳細をチェック。

40代の肌に磨きをかける!魔法のスキンケア

乾燥肌

敏感乾燥肌dプログラム 洗顔料・化粧水・乳液をトライアルセットで体験

投稿日:

30代から始まった乾燥肌に一向に改善せず、年齢とともにますます乾燥敏感肌に……。
今まで使っていた基礎化粧品が急にヒリヒリするようになり、メイクもうまくできない状態。
肌荒れと敏感肌に悩んでいたとき、ママ友から資生堂 dプログラムを教えてもらいました。
ママ友も、突然敏感肌になったときには、dプログラムを使って乗り切っているんですって。
私もdプログラムを試してみようと思います。

駅前の百貨店の化粧品売り場でdプログラムを見かけましたが、サンプルはないみたい。
ネットでdプログラムのトライアルセットがあるか探してみたら、公式サイトからトライアルセットを購入できるとのこと。
私の肌に合うか試してみたいので、dプログラム トライアルセットをネットで注文することにしました。
dプログラム 公式サイトで肌診断すると、私の肌質にはエイジングケアタイプがおすすめなんだそう。
注文後、数日で「エイジングケアのdプログラム バイタルアクトセットWR」が届きました。
dプログラム エイジングケア「バイタルアクトセットWR」の中身はこちら。
・ディープクレンジングオイル(敏感肌用メーク落とし)2mL×2
・コンディショニングウォッシュ(敏感肌用洗顔料)20g
・バイタルアクトローションW Ⅱ(敏感肌用化粧水)23mL
・バイタルアクトエマルジョンR(敏感肌用乳液)11mL

dプログラムは、ときどき敏感肌に対応してくれるスキンケア。
4種類の肌タイプ別になっていて、混合肌用・ニキビ肌用・乾燥肌用・年齢肌用が選べます。
どのタイプが適しているかは、公式サイトにある簡単肌チェックですぐに診断できるから便利。
敏感肌と言っても色々な肌質の人がいるので、異なる4つのタイプからの選べるのは嬉しいです。
「アレルギーテスト済み」「敏感肌のパッチテスト済み」という肌へのやさしさも、ポイント高い。

最初に、メーク落としのディープクレンジングオイルから使ってみます。
「敏感肌にオイルクレンジングを使っても大丈夫かしら?」と、正直なところ、ちょっぴり不安……。
dプログラムのトライアルセットは7日分ですが、ディープクレンジングオイルだけは2回分のみ。
大事に使いたいけれど、まずは手の甲に使って使用感を確認してみます。

ディープクレンジングオイルを手に出してみると、無色透明でやわらかなオイル。
ほのかにラベンダーの良い香りがします。
ディープクレンジングオイルはオイルタイプなので、マスカラなどの落ちにくいメークもしっかり落とせるとのこと。
肌に負担なくきれいに落ちるから、dプログラムで人気のメーク落としなんですって。
ディープクレンジングオイルの使い方は、乾いた手のひらにディスペンサー2回分。
今回のトライアルセットでは、パウチ1包分なんだそう。
とてもやわらかなオイルなので、肌の上をくるくるとらせんを描きながら肌になじませていきます。

最後に水で洗い流すと、手に描いたマスカラがするんと落ちています。
力を入れずに数回肌をなでるだけだったのに、きれいに落ちて驚きです。
オイルクレンジングだけど、洗い上がりの肌にはうるおいが残っている感じ。
肌がしっとりしていて気持ちいです。

次に使うのが、洗顔料のコンディショニングウォッシュ。
クリーミーな泡立ちで洗浄力があるけれど、洗顔後のつっぱり感はないんだそう。
コンディショニングウォッシュは、ニキビのもとになりにくい処方の洗顔料とのこと。
肌荒れを気にせず、やさしく肌を洗えそうです。

コンディショニングウォッシュを手に出してみると、白いクリーム状。
無着色・無香料なので、ほとんど匂いはありません。
コンディショニングウォッシュの使い方は、1cmほどの量に水を少しずつ加えて泡立てるとのこと。
手のひらを逆さにしても泡が落ちないくらいに泡立てるんだそう。
丁寧に泡立てると、クリームのようになめらかで、弾力のある泡ができあがります。

コンディショニングウォッシュの泡はやわらかくて、とてもなめらか。
もちもちの泡というよりは、ほど良い感触で気持ちのいい泡ができました。
肌になじませた後に水で洗い流すと、ざらつきがなくなってスッキリ。
なんだか肌色も白くなったみたいです。
洗い上がりの肌にはツッパリ感がなくて、しっとり潤った肌触りでいい感じ。

次に使うのは、肌にハリを与えて透明感のある肌に導いてくれる効果があるバイタルアクトローションW Ⅱ。
年齢肌にうるおいを与えてくれる化粧水で、ⅠのみずみずしいしっとりタイプとⅡのこくのあるしっとりタイプがあるとのこと。
今回のトライアルセットでは、Ⅱのこくのあるタイプが入っています。
弱酸性でアルコールフリーなので、肌に優しく使えそうです。
バイタルアクトローションW Ⅱに含まれるトラネキサム酸とグリチルリチン酸ジカリウムが、肌荒れを押さえる効果があるとのこと。

バイタルアクトローションW Ⅱの使い方は、二度付けするのが基本なんだそう。
まず、ディスペンサー1回分を手のひらに広げて顔全体になじませます。
再びディスペンサー1回分を手に取って、ゆっくりと肌に押し込むようになじませるとのこと。
トライアルセットはボトルタイプなので、3cmほどの量を手のひらに出してみます。
少しとろみがある感じですが、バイタルアクトローションW Ⅱは無香料無着色なので、水のようにさらりとしたローションです。

バイタルアクトローションW Ⅱは肌なじみがよくて、すぐにじんわりと浸透していきます。
2回目をつけても、1回目と同様にすぐに浸透。
もう少し多めにつけた方がよかったかしら?
いくらでもバイタルアクトローションW Ⅱが肌に入っていきます。
バイタルアクトローションW Ⅱは全く刺激がなくて水のように使えるのに、肌がもっちりうるおいます。

最後に使うのが、肌に長時間のうるおいを与えてくれるバイタルアクトエマルジョンR。
気になる乾燥小じわをうすくしてくれる効果が期待できるんだそう。
バイタルアクトエマルジョンRの使い方も、二度付けが基本とのこと。
ディスペンサー1回分ずつを、2回に分けてつけるんですって。
手のひらにバイタルアクトエマルジョンRを出すと、白色のやわらかな乳液。
バイタルアクトエマルジョンRは無香料なので、全く匂いはありません。

バイタルアクトエマルジョンRはとてもやわらかな乳液。
この感触は、dプログラム独自のなめらかエアリーミルク処方なんだそう。
指で広げると、すーっと肌に広がっていきます。

dプログラムのバイタルアクトエマルジョンRは、敏感肌になることなく、1週間気持ちよく使うことができました。
いつもなら肌が赤く、痒みが出ることもあるのですが、dプログラムなら大丈夫。
普通通りにスキンケアできることが、当たり前だけどとても嬉しいです。
アレルギーテスト済み・敏感肌のパッチテスト済みというキャッチフレーズも安心感を与えてくれたのかも。
dプログラムはどれも敏感肌を考えた低刺激設計だから、肌に刺激がなくて水のような使い心地。
私が使ったのはエイジングケアトライアルセットなので、乾燥小じわを改善して、肌にうるおいを与えてくれます。
dプログラムを教えてくれたママ友には感謝です。
dプログラムなら突然の敏感肌に悩まされることもなくなりそうです。

-乾燥肌

Copyright© 40代の肌に磨きをかける!魔法のスキンケア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.