乾燥肌・美白・シミ・たるみなどに効果のある魔法のスキンケアを探します。年齢を感じさせない素肌を手に入れるために、口コミ人気の基礎化粧品をトライアル。本物のスキンケアを愛するから、成分と価格も詳細をチェック。

40代の肌に磨きをかける!魔法のスキンケア

美白

顔のシミが消えない…ビタミンC誘導体の効果的な使い方

投稿日:

最近、顔にあるシミが濃くなってきたみたい。
コンシーラーなどでシミをぬりつぶしても、夕方になるとうっすらシミが見えてきます。
シミを消したいけれど、美容皮膚科でのレーザー治療は怖くて……。

実は、シミの原因によって、使う美白成分は違うんだそう。
シミの原因に合った美白成分を使うと、本当にシミは消えるんですって。

シミの原因は4種類

シミができる原因には、大きく分けて4種類あるんだそう。
自分のシミがどれに当てはまるのか。
シミの原因がわかれば、使う美白成分も決まります。

紫外線によるシミ

シミに悩む人の多くが、紫外線による光老化によるもの。
強い紫外線を浴びることで、メラニン色素が発生。
うすい褐色から濃い褐色まで、顔以外にも手や背中にもシミができるんだそう。

遺伝によるシミ

ソバカスと言われるもの。
数ミリ以下の小さなシミが、頬や鼻の周りに出ることが多いんだそう。
家族にもソバカスの人がいるなど、遺伝が原因と考えられるシミ。

やけどやニキビ跡によるシミ

やけどやニキビなど、肌が炎症を起こした後にできるシミ。
大きさ・シミができる部位・年齢・性別などは様々。
時間の経過とともに、シミが薄くなることもあるんだそう。

ホルモンバランスによるシミ

30~40代頃からあらわれるシミ。
肝斑(かんぱん)とも呼ばれ、女性ホルモンが原因で発症するんだそう。
広範囲に出るシミで、うすい褐色。
頬骨あたりに、左右対称にでるのが特徴とのこと。

正しいシミに対するケア

シミを消すのに、3つの対処法が挙げられます。
・スキンケアによるセルフケア
・サプリメントによるセルフケア
・医療機関を受診

紫外線によるシミ

ビタミンCでシミを薄くすることができるんだそう。
日光黒子(シミ)、雀卵斑(ソバカス)
くすりだけで完全に消すことはできませんが、ビタミンCや美白外用剤などで薄く目立たなくしたり、次のシミができるのを予防することができます。
肝斑
トラネキサム酸配合の内服薬で改善することができます。
炎症後色素沈着
自然に消えていきますが、ビタミンCの内服やハイドロキノンなどの美白外用剤などを使うと早く薄くなります。
効果はすぐにはあらわれません。肌のターンオーバーのサイクルを考え、使用上の注意をよく読んだうえで、1ヶ月は根気よく続けてみてください。

ビタミンC誘導体を最初に使いたい理由

シミ予防と今あるシミに効く美白成分には色々あります。
その中でも、気軽に始められるのがビタミンC誘導体。
ビタミンC誘導体とは、不安定なビタミンCを他の分子とつなげた美容成分のこと。
酸化しやすいビタミンCをビタミンC誘導体とすることによって、安定して肌に浸透させることができるんだそう。
ビタミンC誘導体は肌になじむと、すぐにビタミンCへ変化します。
皮膚の中へビタミンCが浸透して、美白効果が期待できるんですって。

ビタミンC誘導体を使った美容液で、おすすめなのが「リシャインパッチ」。
貼るサプリメントとして、狙った場所にビタミンC誘導体を集中補修できるとのこと。
寝る前に貼って翌朝までそのままだから、長時間にわたって美白成分が肌に浸透。
リシャインパッチは、今までビタミンC誘導体で効果がなかった人におすすめなんだそう。

シミが消えるための期間はどのくらい

シミを消すために使い美白成分が決まったら、最低3ヵ月間は使い続けたいところ。
肌のターンオーバーは、約28日間。
年齢や肌の状況に応じて、さらにターンオーバーの日数が長くなっていることも。
できたメラニン色素が徐々に肌表面へ移動して、やがて古い角質が剥がれ落ちます。
この新陳代謝を繰り返して、新しい肌が生まれ変わるとのこと。
シミが薄くなりやがて消えるためには、1つの美白成分を3ヵ月以上使い続けるのがいいんだそう。

それでもシミが消えない場合は?

長期間、美白成分を使ってもシミが消えない場合は、シミの原因と美白成分が合っていないのかも。
他の美白成分に変えて、試してみるのがいいとのこと。
シミができる原因に合った美白成分を見つけるまで、根気よく付き合っていくといいんだそう。

-美白

Copyright© 40代の肌に磨きをかける!魔法のスキンケア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.