乾燥肌・美白・シミ・たるみなどに効果のある魔法のスキンケアを探します。年齢を感じさせない素肌を手に入れるために、口コミ人気の基礎化粧品をトライアル。本物のスキンケアを愛するから、成分と価格も詳細をチェック。

40代の肌に磨きをかける!魔法のスキンケア

毛穴の黒ずみ

おしりぶつぶつに効く薬は?かゆい黒ずみを治す薬用クリーム

投稿日:2017年7月18日 更新日:

自称「おしりが汚いアイドル」が、「あるクリームをつけたらかなり治った」と言ってました。

私もおしりのブツブツと黒ずみに悩んでいるので、そのクリームを取り寄せて試してみたい!

ネットでおしりのブツブツと黒ずみができる原因を調べたところ、おしりニキビが原因なんだそう。

おしりが汚いアイドルが紹介したように、おしりニキビ専用クリームをぬると、おしりぶつぶつが早く治るんだとか。

色々なおしりニキビ専用クリームがある中で、薬剤師が開発した医薬部外品クリーム「プチノン」がいいのかな。

おしりが汚いアイドルおすすめのクリームを使いたかったけど、プチノンも医薬部外品で効果がありそうなので、使ってみることにしました、

プチノンは、おしゃれな白い箱の中に、日焼け止めクリームのようなチューブタイプの容器が入っています。

プチノンの容器にはゴールドでPuchinonの文字と、ロゴだけ。

オシャレな日焼け止めクリームのような見た目だから、いつもの化粧品置き場に置いておいても大丈夫。

もし家族が間違ってプチノンを手に取っても、お尻黒ずみ用のクリームだとは気付かれません。

プチノン1本は50g入りで、だいたい1ヵ月~1ヵ月半ぐらい使えるんだそう。

毎日しっかりとケアして、赤いブツブツを少なくしたいです。

お尻ニキビを治すために

お尻のニキビや黒ずみのブツブツは、皮膚の蒸れや下着による摩擦が原因なんだそう。

意外かもしれませんが、お尻の皮膚は乾燥しやすいので、ターンオーバーが乱れやすいんだとか。

新陳代謝が遅くなると皮膚は厚くなり、毛穴を塞いでしまうので、お尻にニキビができるんですって。

プチノンは薬剤師が考えた、お尻専用の美容ジェルクリーム。

たっぷりな美容成分をナノ化カプセルに閉じ込めているので、厚くなったお尻の皮膚にもしっかり浸透するんですって。

プチノンのキャップは、パカっと開けるタイプの容器。

忙しい朝でも、ササッとクリームを出してお尻に塗ることができます。

実際にプチノンを手に出してみると、薄い白色をしたジェルクリーム。

プチノンのジェルクリームのにおいを嗅ぐと、ほのかな甘い香りがします。

化粧品独特な強い匂いではないので、原料由来の香りなのかしら。

ぬるとほとんど匂いはなくなるので、いつも気持ちよく使えそうです。

プチノンのジェルクリームは、みずみずしい感触のクリームです。

とても柔らかなクリームなので、力を入れなくてもスーッと肌に広がっていきます。

プチノンは香料・着色料・エタノール・パラベンなどは不使用。

肌への刺激が少ない柔らかいジェルなので、お尻のブツブツが痛くても、肌をなでるように優しくぬることができそう

プチノンの基本的な使い方

プチノンの使う量は、1回につき10円玉サイズが目安。

手のひらで温めながら伸ばしてから、手のひら全体で優しくぬるんだそう。

このときグーの手で下から上へなぞったり、手のひらで円を描くように下尻をすくい上げるのがおすすめ。

お尻のたるみを刺激して、キュッと引き締まったお尻になれそうです。

プチノンをぬるのは朝と夜の1日2回で、お風呂上がりにもぬるのが大事なんだとか。

お風呂に入って温まった肌にぬることによって、プチノンの有効成分が肌に浸透しやすくなるんですって。

顔のスキンケアのタイミングに合わせて、忘れずにお尻のケアをしたいと思います。

プチノンをぬった後の肌は、しっとりうるおってツルツルした感触。

ベタつく感じはないので、ぬった後に1分ほど待てば、下着をつけても大丈夫そう。

素早くジェルが肌に浸透してくれるので、「下着がピッタリ肌につく」という不快感はありません

プチノンはお尻以外にも、顔用オールインワンジェルとしても使えるんですって。

ニキビケア成分のグリチルリチン酸ジカリウム・カモミラ・西洋ナシ・アーティーチョークは、肌にやさしい植物由来の成分。

他にも、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンなどの保湿成分と、プラセンタ・プルーン・コメヌカなどの5つの美白成分をたっぷり配合。

ニキビ跡や黒ずみをキレイにする効果があるので、ワキやデリケートゾーンなどの黒ずみにも使えるんだそう。

プチノンを使って1ヵ月後

お尻のブツブツと黒ずみが気になって、水着になるのが苦手だし、温泉に行くのも恥ずかしい。

「オロナインをぬるといい」という言葉を信じてぬったことがありましたが、全く効果がなくてほとほと困っていました。

そんな時に見つけたのが、お尻専用の薬用ジェルクリーム「プチノン」。

プチノンは日焼け止めのような見た目だし、ベタつかないジェルが使いやすいので、毎日せっせと使い続けていました。

プチノンを使い始めて1ヵ月ほどですが、かさついていた肌がしっとりして、赤いブツブツが枯れてきたみたい。

自分では確認しにくいのですが、手で触った感じは肌が落ち着いたきたように思います。

理想のつるつるした肌になるのは、3ヵ月が目安なんだとか。

プチノンのお蔭で肌の調子が少しずつ良くなってきているので、これからも美尻を目指して続けていきます。

⇒⇒⇒ プチノンを試してみる【初回半額2,980円&返金保障付き】

-毛穴の黒ずみ

Copyright© 40代の肌に磨きをかける!魔法のスキンケア , 2018 AllRights Reserved.