乾燥肌

日本酒の化粧水は高保湿!ロート製薬「糀肌くりーむ」ハリツヤ効果

40歳を過ぎた頃から肌がガサガサして、シワが気になりだしました。
冬は必要に応じてクリームを足していますが、もちもちな柔らかな肌にはならなくて……。
色々調べたところ、日本酒の化粧水は高保湿で、肌がもっちりするんだとか。
お酒造りをする杜氏の手は、糀(こうじ)のチカラで、肌荒れをしないでうるおうんですって。
白糀コメエキスが配合の「糀肌くりーむ」は、ロート製薬と古町糀製造所が開発した化粧品。
糀肌くりーむ・けしょうすい・濃厚くりーむのセットが2,980円なので、試してみることにしました。

糀肌くりーむのお試しセットの中身はこちら。
・糀肌クリーム(85g)
・糀肌けしょうすいミニ(30ml)
・糀肌濃厚くりーむミニ(4g)
糀肌くりーむは85入りで、たっぷり2ヵ月間使えるとのこと。
けしょうすいと濃厚くりーむはミニサイズなので、補助的に使う感じです。

糀肌くりーむは、「麹」ではなくて「糀」の字が使われているが気になります。
麹は米や麦などのこうじの総称として使い、糀は蒸米に麹菌をつけた米糀のみをさすとのこと。
糀肌くりーむに含まれる白糀コメエキスは、天然保湿因子。
お米由来の保湿成分なので、敏感肌の人や子供でも安心して使えるんだそう。
また、白糀コメエキスは肌への浸透力がよく、肌にうるおいとハリを与えてくれるとのこと。
糀にはすぐれた保湿力があるので、透明感のある肌に導いてくれるんですって。

最初に、糀肌くりーむから試してみます。
お試しモニターセットなのに、糀肌くりーむがたっぷり2ヵ月間使えるのはお得。
ガサガサ肌を早く治したいので、惜しまずしっかりケアしていこうと思います。
糀肌くりーむの蓋を開けると、ふわっとしていてホイップクリームみたい。
日本酒のような甘い香りもしてきます。
白糀コメエキスが原料だから、糀由来の匂いなのかしら。

糀肌くりーむは、見た目通りのもっちりと弾力のあるクリーム。
スパチュラはついていないので、必要な量を指ですくい取ります。
糀肌くりーむはやわらかなので、肌にスルスルと広がっていきます。
ぬった後の肌はサラサラした感じになって、それでいてしっとり。
肌にヴェールをまとったように、スベスベな肌ざわりです。

次は、糀肌けしょうすいを使ってみます。
糀肌くりーむは、化粧水・乳液・美容液の効果が1つになったクリーム。
スキンケアは糀肌くりーむだけでも大丈夫だけど、さらに糀肌けしょうすいを加えるといいんだとか。
使う順番は、糀肌けしょうすいをつけた後に、糀肌くりーむ。
けしょうすいで肌を整えると、くりーむが肌になじみやすくなるんですって。

糀肌けしょうすいは、白色でとろみのある化粧水。
けしょうすいにはほとんど匂いがなく、化粧品独特な香りもありません。
糀肌けしょうすいを使う量は、1回につき500円玉サイズほど。
半分の量を2度づけしたり、好みの使い方をしてもいいんだとか。
夏は冷蔵庫で冷やして使うのもおすすめなんですって。
糀肌けしょうすいは、美容液のようにとろみのある化粧水。
肌につけるとじんわりと浸透していって、肌がやわらかくなります。
もっちりしっとりな肌になって、次に使う糀肌くりーむもぐんぐん浸透しそう。

最後に、糀肌濃厚くりーむを使ってみます。
糀肌くりーむとは、肌にうるおいを与える高保湿クリーム。
糀肌濃厚くりーむは、肌にハリを与えるためのクリームなんだそう。

糀肌濃厚くりーむには、白糀コメエキスと大豆由来のコラプラスを配合。
コラプラスとはロート製薬独自の美容成分。
コラプラスには、コラーゲンやヒアルロン酸の産生を促す効果があるとのこと。
肌にコラーゲンやヒアルロン酸が増えると、ハリのある肌に変われるんですって。
糀肌濃厚くりーむは、名前のとおり濃厚なクリーム。
肌に広げると、ピタッと肌になじみます。
少しベタつく感じもしますが、イヤな感触ではないかな。
時間がたつと、しっとりサラリとした肌に変わります。

-乾燥肌

Copyright© 40代の肌に磨きをかける!魔法のスキンケア , 2019 All Rights Reserved.